記事の詳細

手がキレイに見える、どんなお洋服にも合わせられると評判のフレンチネイル。幅広い年齢層から人気です。コツは白の部分のブラシワークです。ムラになりやすい白を上手く塗りフレンチネイルをマスターしましょう!

用意するもの

ベースとなるクリアジェル、お好きなカラージェル、ジェルブラシ、未硬化ジェル拭きとりクリーナー、エタノール、コットン、ペーパー、アートパーツ、ジェル用ライト等。

今回は定番のピンク×先端ホワイト、アート部分はラメラインとストーンをしています。




①ベースとなるジェルを塗る

手指消毒をしたあと爪の形を整え甘皮周りをキレイにし、密着が良くなるよう表面をサンディングします。しっかりとダストオフしたのち、ベースとなるジェルを塗りライトで所定の時間硬化します。その後、お好きなカラージェルを1コート塗り硬化、その後2コート目を塗り硬化します。
※ライトはお使いのジェルメーカーの定めるワット数、時間を守りましょう。

カラージェルを塗ったあと硬化させる前に先端のフレンチを塗る部分だけカラージェルを筆で拭い去って硬化させておくと、ピンクとホワイトの段差部分が目立たなくなります。

②濃度の高い発色の良いホワイトジェルでフレンチ

フレンチ部分を作ります。筆にホワイトのジェルを少しだけ取り爪の真ん中に置いて中心と幅を決めます。ホワイトはなるべく濃度の高いはっきりと発色するものを選びましょう。

③フレンチを作る

その後、筆の幅を使って先端に向かっておろすようにしながらフレンチ部分を塗っていきます。

2回目は、1回目のガタつきや左右対称でない部分を修正しながら塗っていきます。
5本塗り終わったら一度手をひっくり返して逆側から見るとフレンチのラインが偏っていないかが確認しましょう。

ジェルの場合、白は大変ムラになりやすいので一度にジェルを沢山塗ろうとせず少しずつ重ねて仮硬化しながら進めるとキレイに仕上がります。
マニキュアを塗るようにサイドから中心に向かって塗りたい場合は先端がナナメになっている筆を使うとやりやすいです。

どうしても境目のラインがキレイに出来ない場合や、アレンジを加えたい場合は境目にラメのジェルでラインを引くのもおすすめです。

④完成

他の爪にラメやラインストーンなどをのせて固定し、全ての爪に仕上げのトップジェルを塗り完全硬化します。硬化後、未硬化ジェルふき取りクリーナーをコットンに含ませ表面をしっかりとふき取り完成です。

まとめ

一見シンプルだけどやってみると難しいですね。最初はフレンチライン(スマイルラインと呼びます)の上にラメやラインストーンなどでアレンジを加え、慣れてきたらフレンチのみのシンプルネイルに挑戦されてはいかがでしょうか?
今回はピンク×白で作成しましたが、先端を赤やピンクにしてもキュートでかわいいですよ!色々なアレンジを楽しんで下さいね。

ネイリストおすすめ!

⇒ ネイルサプライのセール情報はこちら




関連記事

コメントは利用できません。

おすすめネイル用品


プロ用品販売ショップ


サイトマップ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせは
こちらからお願いいたします。

ページ上部へ戻る